しっかり検査をすることで今後の生き方が変わる

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎の症状等について

 アレルギー性鼻炎とはアレルギー反応の一種で、鼻に関連する症状が出ます。鼻過敏症と呼ばれる場合もありますが、鼻過敏症にはアレルギー反応以外の症状も含まれるので、厳密には別物になります。  このアレルギー性鼻炎は一年を通して症状が出るタイプと、一定の季節にだけ症状が出るタイプの2種類があります。一定の季節だけに症状が出るタイプの代表的なものが、花粉に対してアレルギー反応を起こす花粉症です。それとは逆に一年を通して症状が出るタイプは、カビやホコリが原因となっている場合が多いです。  アレルギー性鼻炎の主な症状としては、何度も繰り返すくしゃみ、継続する水っぽい鼻水等があります。中には鼻の粘膜に痒みを感じる人もいます。

具体的な治療方法について

 アレルギー性鼻炎の治療において一番大切な事は、何よりもまずアレルギーの原因物質を遠ざける事にあります。そのため病院等で、自分のアレルギー性鼻炎の原因を突き止める事が大切になります。  ただ、原因物質を突き止めても、それを遠ざけるのが困難な場合もあります。そういう場合には、別の治療方法を用いる事になります。  代表的な治療方法としては対症療法があります。アレルギー反応そのものを無くす事が難しいので、出ている症状の緩和をする事が目的となります。具体的には、抗ヒスタミン薬や血管収縮薬等の投与が行なわれます。  また、それ以外の治療方法として、アレルギー反応を起こす鼻の粘膜をレーザーで焼くという方法等があります。