しっかり検査をすることで今後の生き方が変わる

リウマチとは

現在の治療法について

リウマチは関節や関節周囲の骨や腱や筋肉に痛みがおこる病気をまとめた総称です。リウマチは自己免疫疾患の一つで感染や過労やストレスなどをきっかけにして自分の免疫が異常になって自分の組織を攻撃してしまう病気です。またリウマチは女性が多くかかる疾患で30代から50代にかけて多く発症するといわれてます。 リウマチの薬はかつては抗炎症剤などで症状を抑える対症療法が中心でした。 しかし研究が進み少しずつ原因が解明されるようになってきました。また1990年代になると新しい薬が次々と開発されていきました。炎症を抑えるだけでなく病気の進行を抑えて関節が破壊されるのを防げる治療が出来るようになってきました。 現在はこのような薬の治療やリハビリや手術などを必要に応じて組み合わせて治療を行います。

内科や整形外科のクリニックでも

リウマチは自己免疫疾患の一つで免疫系の異常になることで自分の組織を破壊してしまう病気の一つです。 リウマチはどの診療科で見てもらうのでしょうか。外科や整形外科で診てもらうこともあるかもしれませんが、最近ではリウマチ科という診療科も見られるようになりました。内科や整形外科のクリニックでリウマチ科を掲げているクリニックも少なくないようです。 リウマチ学会というのもあるそうででそこで必要な条件を満たすと専門医の認定を受けることができるようです。認定された専門医のもとで治療を受けるのもいいかもしれません。 インターネットで病院検索をかけると自分が住んでいる場所に近い病院を探すことが出来るようです。また信頼できる知人などの口コミで病院を探してもいいかもしれません。