しっかり検査をすることで今後の生き方が変わる

糖尿病について

2型糖尿病の特徴について

現在、わが国の糖尿病患者は予備軍を含めると2,000万人を超えるといわれています。初期に自覚症状がないため放置することで、網膜症や腎症、足の切断に至ることもあります。 2型糖尿病は、大人になって起こりやすく、体質や肥満、運動不足などが加わることで起こります。 かかりやすい人の特徴は、40歳以上で肥満、食べ過ぎ、野菜や海藻類をあまり食べない、間食をする、脂っこい食べ物を好む、甘いものが好き、朝食は食べない、お酒をたくさん飲む、食事の時間が不規則、運動不足、ストレス過多、血縁者に糖尿病の人がいるなどに当てはまる人です。該当する項目が多いほどリスクが高まります。 日頃の不摂生な生活習慣を見直し、改善することで糖尿病にならないように心がけることが大切です。

早めに専門医を受診すること

糖尿病は、初期に自覚症状を示さないことが多いため、専門医を受診せずに合併症が進展した時点で受診となる人が多いのが現状です。 三大合併症のうち糖尿病神経障害では、手足の末梢神経に障害が出て、手足のしびれやケガをしても痛みが出にくいなどの症状が出ます。また、糖尿病網膜症では、眼底にある網膜の血行不良で視力が弱くなったり、失明する場合もあります。糖尿病腎症はでは、腎臓の尿を作るところが傷んで尿が作れなくなり、人工透析が必要となります。 専門医での治療方法は、主に食事と運動療法が基本となります。飲み薬やインスリン注射を併用する場合が多くあります。 インスリンの分泌量が欧米人と比較すると少ない日本人は、糖尿病になるリスクが高いのも事実です。専門医での定期検査や生活習慣の改善で予防しましょう。